美容外科なら美人になれる

豊胸手術の種類について

美人

胸が小さいことがコンプレックスになってしまっている女性は多くいます。胸を大きくするためには、食事や運動に気をつけたり、マッサージを行う、正しいサイズの下着を身につける、胸を大きくするのに有効なサプリメントを摂取するなどの方法があります。しかし、これらの方法は効果が出るまでには時間がかかってしまいます。

確実に胸を大きくするためには、クリニックでの豊胸手術がオススメです。豊胸手術にはいくつか種類があり、自分に合った方法で行えます。簡単にバストアップしたい場合には、プチ整形がオススメです。

ヒアルロン酸を注入する方法が主流でしたが、近年ではアクアフィリングという方法が人気となってきています。PPPジェルは血液を採取して遠心分離機にかけて特殊加工をしたものをバストに入れる方法です。脂肪注入によるバストアップは、自家組織を使ってバストアップする方法です。

豊胸バッグはシリコンを胸に入れることによってバストアップする方法になります。セリューションは、幹細胞を使用した脂肪注入方法で、乳房再建術にも使用されています。コンデンスリッチも幹細胞を使用していますが、定着率がようく脂肪になりづらいというメリットがあります。プチ整形などは手軽に行えて安全性が高い反面、ある程度の期間経つと体内に吸収されてしまいます。シリコンバッグを入れるなどの方法も、費用が高いなどのデメリットが挙げられます。それぞれメリットとデメリットを考えてから行うことが大切です。